分割配信の適切な値

サーバーのスペック、回線によって変わりますので一概には申し上げられませんが、
acmailer完全対応レンタルサーバーACサーバー上での設定例を提示致します。

これらの数値で配信しないといけないという事はありませんが、
できるかぎりゆっくりインターバルを開けるほど、
ブロックもされにくくスムーズな配信ができます。

基本的な送信設定

・分割送信件数 50 件
・分割待ち時間 10 秒

通常の配信ですと上記のような設定であれば特に問題なく配信できると思います。
この場合ですと50件送るごとに10秒の休憩をはさむことになります。

主に携帯への配信の場合

・分割送信件数 50 件
・分割待ち時間 10 秒以上

携帯電話への配信の場合はPCメールに比べキャリアからのブロックがされやすくなります。
短時間での大量配信は可能な限り控え、できる限りゆっくりと送信して頂く事がスムーズな配信となります。

主に携帯メールアドレス宛てで、不着数が多い場合

・分割送信件数 50 件
・分割待ち時間 40 秒

不着数が多い場合、携帯キャリアからのブロックされやすくなりますので
このように非常にゆっくりとした配信とする事が重要です。

この場合ですと50件送るごとに40秒の休憩をはさむことになります。

不着メール機能を活用し、不着数を減らしていく事で分割待ち時間を減らしていくなどの調整を行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ