空メール設定

空メール設定とは、用意したメールアドレスへ
空メール(タイトル、本文がないメール)を送信するだけで登録・解除が可能な機能です。

blankmail22

空メール設定画面でのこれらの項目はすべてメモの為の表示であり、
実際にこの項目を変更しても空メール設定はされません。

※acmailer Ver3.30より、空メールモジュールはCGI本体に付属されています。別途ダウンロードの必要はなくなりました。

空メールの利用には、サーバー側の対応が必要となります。
 ・メールアドレス作成権限
 ・メールアドレスにパイプ処理の出来る権限(シェル、SSH操作)
が必要となります。

1.空メール用メールアドレス作成

acmailerの設置されているサーバ上に登録用受信メールアドレスと削除用受信メールアドレスを作成します。
メールアドレスの生成方法は、サーバー管理者にお問い合わせください。
なお、ここでは以下のメールアドレスを作成したと仮定します。

reg@hogehoge.com
del@hogehoge.com
autoform@hogehoge.com

2.サーバ側パイプ処理の設定

空メール用作成の次に、各メールアドレスに対し「パイプ処理」の設定を行います。
ここでのパイプ処理とは、プログラムへデータを渡す処理の事を言います。

reg@hogehoge.comへ来たメールは

| /home/アカウント名/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl reg

というプログラムへ渡す、という設定を行います。

2-1.サーバ側パイプ処理の設定(qmail編)

空メール設定画面の「パイプ処理用文字列」という項目に
qmailパイプ処理登録用の文字列が自動的に作成されていますので参考にして下さい。

qmailのパイプ処理の設定はそのメールアドレスに対応する.qmailというファイルで行います。
登録用、削除用それぞれのメールアドレスに対応する.qmailファイルの設置場所を確認し、
.qmailにはメールを受信したらautoreg.plが起動するように設定をします。

【例:登録用アドレス reg@hogehoge.com】
.qmail-reg というファイル(なければ作成する)にautoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「reg」を指定します。


1
| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl reg

【例:削除用アドレス del@hogehoge.com】
.qmail-del というファイル(なければ作成する)にautoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「del」を指定します。


1
| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl del

autoreg.plのパーミッションは777、755などqmailの権限で実行できるように設定してください。

【例:空メールフォーム付き空メール登録 autoform@hogehoge.com】
.qmail-autoform というファイル(なければ作成する)にautoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「autoforml」を指定します。


1
| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl autoform

autoreg.plのパーミッションは777、755などqmailの権限で実行できるように設定してください。

2-2.サーバ側パイプ処理の設定(sendmail / postfix編)

sendmail や postfixのパイプ処理の設定はそのメールアドレスに対応する.forwardというファイルで行います。
登録用、削除用それぞれのメールアドレスに対応する.forwardファイルの設置場所を確認し、
.forwardにはメールを受信したらautoreg.plが起動するような設定をします。

【例:登録用アドレス reg@hogehoge.com】
.forward というファイルをパーミッションを600 又は 644で設置し、autoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「reg」を指定します。


1
"| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl reg"

【例:削除用アドレス del@hogehoge.com】
.forward というファイルをパーミッションを600 又は 644で設置し、autoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「del」を指定します。


1
"| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl del"

autoreg.plのパーミッションは777、755などMTAの権限で実行できるように設定してください。

【例:空メールフォーム付き空メール登録 autoform@hogehoge.com】
.forward  というファイルをパーミッションを600 又は 644で設置し、autoreg.plの設置場所をサーバの絶対パスで記入します。
autoreg.plの引数に「autoforml」を指定します。


1
"| /home/admin2/public_html/acmailer/lib/autoreg.pl autoform"

autoreg.plのパーミッションは777、755などMTAの権限で実行できるように設定してください。

3.フォーム付き空メール用のフォーム作成

こちらの設定方法につきましては、フォーム設定 のページをご参照下さい。

4.自由項目の設定

空メール本文に以下の書式にて、登録時に自由項目の値を登録できます。

項目名:値


性別:男
都道府県:東京

※「:」は半角コロンです
※項目名は、各種設定で登録した自由項目1~10の名称を入力します。
※複数項目がある場合は、一つずつ改行で区切ります。
※順番は特にありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] の空メール設定、不着メール設定方法はそれぞれのマニュアルページをご参照下さい。 空メール設定 不着メール設定 以上でWADAX専用サーバーでの空メール・不着メールの設定が完了し […]

  2. […] ※空メールのご利用には、サーバー側での対応が必要となります。→詳細 […]

コメント

  1. 匿名 より:

    コメントを挿入


このページの先頭へ