[WADAX専用サーバー]acmailerインストール方法

WADAX専用サーバーでの空メール・不着メールの設定方法をご説明致します。
こちらの作業はサーバーにてroot権限での操作も必要となります。
root権限での操作は、一つ間違えるとサーバーがダウンしてしまうなど大変リスクを負いますので、
作業には十分にご注意ください。

Pleskにてメールアカウントを作成

Pleskのコントロールパネルにて、空メール機能用・不着メール用・空メールフォーム登録用の
メールアドレスをそれぞれ作成します。
Pleskでの操作はサーバー業者様にお問い合わせいただくか、Pleskのマニュアルをご参照下さい。

1
2
3
4
reg@ドメイン名 (空メール登録用)
del@ドメイン名 (空メール削除用)
autoform@ドメイン名 (空メールフォーム登録用)
error@ドメイン名 (不着メール用)

.qmailファイルを扱うユーザーの権限を変更する

Pleskでは「/var/qmail/mailnames/ドメイン名/」に.qmailファイルが存在し、
こちらにパイプ処理を設定する事で空メール機能を動作させることができます。

しかし、Plesk利用サーバーではメールの受信を行うユーザーは「popuser」というユーザーが
行っており、ドキュメントルートのフォルダの閲覧権限が750(ユーザーのみ閲覧ができる状態)
のため、qmail用のユーザー「popuser」でacmailerプログラムにパイプ処理をする事が
できません。

メール受信の際のパイプ処理に対し、
sudoにてautoreg.plやerrmail.plが実行できるように設定する事で対応します。

①ログイン
SSHでサーバーへスーパーユーザーにてログインします。

②visudo
visudo を実行し以下のような変更を行います。

1
visudo

(以下を変更)

1
2
3
Defaults requiretty

#Defaults requiretty

(以下を追加)

1
2
popuser ALL=(ALL) NOPASSWD: /var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs/acmailer設置ディレクトリ/lib/autoreg.pl
popuser ALL=(ALL) NOPASSWD: /var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs/acmailer設置ディレクトリ/lib/errmail.pl

③.qmailへパイプ処理を記述
通常のパイプ処理の記述へ
sudo -u 【autoreg.plを実行できるユーザー名】 -H
を加えたものを記述します。

例として空メール削除の場合

1
vi /var/qmail/mailnames/【ドメイン名】/【メールアカウント名】/.qmail

以下の記述を追加

1
| sudo -u 【autoreg.plを実行できるユーザー名】 -H /var/www/vhosts/【ドメイン名】/httpdocs/cgi/【acmailerr設置ディレクトリ】/lib/autoreg.pl del

同様に空メール登録、削除、不着メールについても
sudo -u 【autoreg.plを実行できるユーザー名】 -H
を付けたしたパイプ処理を記述します。

通常の空メール設定、不着メール設定方法はそれぞれのマニュアルページをご参照下さい。
空メール設定
不着メール設定

以上でWADAX専用サーバーでの空メール・不着メールの設定が完了します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 菊地 より:

    ロリポップでの設置方法を教えてください


コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ