ダウンロード方法(DB版)インストーラーCGI設置方法(DB版)

パーミッションの設定
  • 設置したいサーバーにFTPでアクセスし、インストール用ディレクトリを作成・パーミッションの設定を行ってください。
ディレクトリ名 (例)acmailerdb
※半角英数で分かりやすい名前をお勧めいたします。
パーミッション 777
パーミッション(suEXEC環境) 755 or 700 or 705
※プロバイダー推奨環境に合わせてください
ディレクトリ名は任意の名前でもかまいません。
install.cgiをアップロード
  • 先ほど作成したインストール用ディレクトリ内に install.cgiをアップロードしてください。(転送:アスキーモード)
ファイル名 install.cgi
パーミッション 755
パーミッション(suEXEC環境) 755 or 700 or 705
※プロバイダー推奨環境に合わせてください
install.cgiにアクセス
  • 後は、説明に従って進むと自動的にacmailerがインストールされます。
  • インストールに成功すると、ログイン画面が現れますので、必要事項(ログインID,パスワードなど)を設定します。
  • 設定にエラー無く更新完了すると自動的にログインされた状態となります。以上でインストール完了です。
  • インストールが完了しましたらinstall.cgiを削除してください。



インストーラーCGIについての注意
  • acmailerのインストーラーCGIには、ダウンロードしてから24時間の有効期間があります。
  • インストーラーCGI以外のインストール方法は現在ご用意しておりません。
  • インストールの際は必ず、最新版のインストールCGIをご利用ください。
  • install.cgiの再配布・改変は行わないでください。
  • acmailerインストーラーCGIは、ダウンロード時に固有のシリアルキーを生成し、acmailerサーバー上で管理を行っています。
  • インストーラーCGIの実行時、以下の情報がacmailerサーバーに記録されます。

記録内容

  • 設置URL(リファラー)
  • IPアドレス
  • インストール日時
  • ダウンロードステータス(成功or失敗)
個人情報は一切記録していません。
これらの情報は、バージョン管理、セキュリティー管理、ダウンロード数・帯域制御、著作権管理、サービス向上の為の統計データとして利用させていただきます。
acmailerをこれから始める方におすすめのレンタルサーバー!CGIの設定も、空メール設定も不要です。